課題

生産量の増加で、マスクの目視検査にかかる時間が増え、検査員の負担になっていました。

解決策

包材へのかみこみや、センターシール部の不良などが検出できるかみこみ検査機の導入。

お問合せ製品に関するお問合せはこちら

背景:生産量の増加とともに、不良品の発生も増加傾向に。

生産量の増加で、不良品の量も増えてきていました。検査は目視で行っていましたが、ここ数年の生産量の増加に伴い、検査員一人一人にかかる負担は増える一方でした。かみこみ検査機を導入することで、不良品の市場への流出を抑えながら、検査員の負担減につなげたいと思っていました。

導入理由:検査員の負担の増加、環境改善対策としてかみこみ検査機を検討。

個包装不織布マスクは、マスク自体が薄いので、袋の中で商品が端へ寄ってしまったり、左右の平ゴムがシール部近くに寄り、かみこみが起きやすい商品です。従来は各商品を一枚一枚検査員が目視で確認していたため、経験値や体調不良などによって検査の差が出やすく、増産の影響もあってヒューマンエラーが起きかねない状態でした。

導入後の効果:個包装マスクに適した検査機で、包材の不良などを安定して検出可能。

かみこみ検査機は検査用の光源と光学カメラによって、透明包材の商品を透かすことで、包材のかみこみ不良や商品の形状不良を検出します。目視検査の前にかみこみ検査機を導入したことで、不良品を瞬時に選別し、検査員の負担を軽減。安定して不良品を検出できるようになり、市場への不良品流出の抑制に役立っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※検査機は、検査品や使用環境、ご要望などに合わせて、オプション機能や特殊対応を含んでいる場合があります。
※掲載内容は、予告なしに変更または掲載の中止を行う可能性があります。

投稿日2022/07/26

更新日2022/10/06

参考機種:
かみこみ検査機 SLS2401LD-C2

透明包材のかみこみ検査、形状検査(割れ・欠け)が可能。検査用の光源と光学カメラを用いて、下面から商品を透かすようにして検査しています。画像がキレイで、環境照明による誤作動も軽減。ネジやサビなどの金属を検出する金属検出機とかみこみ検査機の一体型では、異物も発見します。

お問合せ製品に関するお問合せはこちら

このページをシェアする