NEW 
防水タイプ  SDM-3005W / SDM-3011W
非防水タイプ SDM-3006D / SDM-3012D

アルミ包材内の微小金属粉の検出に

磁化式金属検出機の特長

 

検査対象例

従来の金属検出機やX線検査機では検出が難しい微小金属異物を検出できます。
アルミニウムの影響も受けずに、検査が可能です。

磁化式金属検出機の検査対象例
アルミニウムの影響を受けないため、レトルトパウチや缶詰などの金属異物検査が可能です。また、塩分・水分・検査品の温度変化の影響を受けず検査精度が落ちないため、漬物や冷凍食品の検査に適しています。
検査品例 すり身・練り物 粉物
微小なステンレス(SUS304)片も検出可能なため、すり身・練もの、粉物の検査にも有効です。
検査品例 高機能フィルム バイアル瓶 化粧品
応用検査についてはこちら
バイアル瓶底の60ミクロンフェライト異物検出

 

異物例

磁化式金属検出機の検出できる異物の例
従来の金属検出機やX線検査機が苦手とする異物の検出に強みを発揮します。(アルミニウム、黄銅は検出不可)

 

磁化式金属検出機の装置構成

磁化式金属検出機の装置構成
着磁ユニット
1.着磁ユニット
ステンレスは非磁性体ですが、切削・曲げなどの力が加わると磁性を帯びて着磁します。アルミニウムや黄銅は着磁しないため着磁しません。
高感度磁気センサー
2.高感度磁気センサー
着磁した金属異物の発する磁界を検出します。
磁界のみをとらえるため、検査品の塩分・水分・温度変化の影響を受けません。
搬送ベルト
3.搬送ベルト
検査機本体から着脱しやすい構造で、メンテナンス性に非常に優れています。

 

 

 

磁化式金属検出機の技術を応用した、特殊対応の可能性

バイアル瓶底の60ミクロンフェライト異物検出
着磁ユニットで磁化させることで60ミクロンのフェライト異物の検出が可能です。
磁化する材質(鉄やステンレスSUS304など)であれば高感度磁気センサーによりミクロン単位の異物検出を実現します。

バイアル瓶底の60ミクロンフェライト異物検出

 

規格

D:非防水 / W:防水

型式 SDM-XXXXD/W
3006D 3005W 3012D 3011W
検査品
寸法
300mm
高さ 60mm 55mm 120mm 115mm
搬送質量 3kg
最高
感度
※1,2,3
Fe(SUJ2)球 Φ0.1mm Φ0.2mm Φ0.1mm Φ0.2mm
SUS304線
(参考値)
Φ0.05×1.0mm
搬送面
感度
※1,2,3
Fe(SUJ2)球 Φ0.25mm
SUS304線
(参考値)
Φ0.05×1.0mm
全領域
感度
※1,2,3
Fe(SUJ2)球 Φ0.5mm Φ0.2mm
SUS304線
(参考値)
Φ0.20×2.0mm Φ0.40×3.0mm
ステンレスは、切削、曲げなどの応力を受けると検出感度が上がります。
搬送速度 10~60m/min
機長 1460mm
パスライン 750±50mm
表示・操作部 5.7インチ LCD タッチパネル
ベルト幅 220mm
使用環境 0~40℃ 湿度30-85% 結露しないこと
予約数 200件
電源 AC100~240V±10% (50/60Hz) 200VA
防水性能 非防水 防水 非防水 防水

※1 周囲の環境、ワークの影響により検出感度は異なります。
※2 ステンレス球は材質、加工精度により、着磁の程度が異なり検出感度が異なります。
※3 検出感度には一部、計算値による表記があり、ご用意できないテストピースもあります。
※その他の仕様はご相談ください。
※改良の為、記載事項はおことわりなしに変更することがあります。

 

外観図

磁化式金属検出機の外観図